Re:

感銘高き名言は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」(トーマス・エジソン)

2013年06月

実装しなきゃいけない機能がまだまだたくさんある!

その前に、ちゃんとしたデータを作って実装していかないと、思うように進まないというか、正しいのか正しくないのかよくわからなくなる。

バランスはあとから必ず変更することになるから、数値はひとまず適当に。


ところで、時の流れがあまり早く感じないのはなんでだろうw

ようやく7月って感覚。 

季節的なものかなー…。パッとしない月だしね。 来週からすごーく忙しくなって、もしかしたら7月はあっという間かもしれない。

IMG_0576

 
エリア名を考えて、エリアで出現するミューの配分決めて、それとクエスト。


ああ。バトル的な部分がモヤッとしたままデス。


平日はいろいろと忙しいので時間がない!(あるとすれば仕事の合間←

そんな訳で、目標としている8月中のリリースに向けて、土日にコツコツと作業を行なっているわけであある。 

IMG_0565
IMG_0563
エッグにね…色の呼び名をつけようかと思ってたんだけどね、タマゴのイラストを数種類用意するのが面倒なので、ノーマルとかスペシャルとかに変更するw

サービスとして成り立つような成長が見られた時には、いろんなデザイン面にコストを掛けるよ(´;ω;`)ブワッ
IMG_0564
ランドも当初、色別に用意して…て考えたけど、色で縛ることのゲーム性よりも数の煩雑さのほうが(プレイ側が)手に負えなくなりそうだから、ひとまずセントラルランドだけ。
 


ゲームループを考えると、やはり育てる先に何かがほしい。

17日に郵送して19日消印で返送されてくるなんて、しっかり仕事してるなって思った。

返信用のハガキを同封したから届いた訳ではあるが…どこぞの会社にも見習って欲しいものである。

IMG_0559
 
落選してこれ以上返送されないことを祈りたいw


さて。

ポケットウォーズのランドですが、モバイルウォーズのランドとは異なり、育てたりする場所になります!

暫定的なUIができたので、必要な情報とか処理をいれつつ作っていこう。

IMG_0561


ティアチャージボタンを押してミューにエネルギーを与えるとレベルアップ!

なお、ランドにいるミューたちは一定時間でティアを生み出してくれるので、各ランドの上限以上は貯められない仕様により、定期的にティアゲットしてもらいます(別にしなくても良いけど)。


ティアを手に入れる手段は他にも、バーコードで見つけたタマゴをギルドで引き取ってもらったり、いっぱいになったランドからミューをギルドへ引き渡すなどして増やせます。

あとは 1,000 ティア 85 円みたいな時短課金要素でもいいかな!って。



レベルとかドラゴンっぽい見た目の奴がいると、やっぱたたかう要素も欲しくなるなー。

いろいろ考えなきゃいけない部分が、まだまだ多い…。



すべては、じぶんのもちべーしょんのために!

ポケットウォーズのカテゴリ作ってあったから、これからちゃんと指定しとこー。(まあ、タグで足りるんだろうけども)

IMG_0551

でかいw

この、物理的な画面の小ささと相反して、解像度の高さを改めて感じるわー。あいふぉーん。



全くもってバトルの余地を切り捨てました!

うそ、ちょっとだけ頭の片隅に置いてある。


仮にも戦うとしたら、ドラクエ3のカジノでのモンスター格闘場みたいな感じのかなぁ。

あ…モバイルウォーズでいうところの、トーナメント?(なつかしい)

トーナメントいいな…この言葉も使わせてもらおうかなー。


バトル的な要素を含めるとしたら、始めから強さ要素は持ちあわせておかないといけないので、それはそれで面倒臭かったりする←

ただ、それをバーコードの数字でロジック組んで楽するっていう手もある。

むしろそのほうが遊んでる側としては変化があって面白いってこともあるのかなー?



と、ここまで何もホーコクになっていないのですが、こんな感じのUIになったよ(なるよ)みたいな、自分へ宛てたホーコクでした。




24年は173作品が応募されたようなので、意外と結構な数が集まるっぽい。

高知県ソーシャルゲーム企画コンテスト
http://www.pref.kochi.lg.jp/~contents/game/


いくつか企画を考えている中で一つ応募してみました。

仕組みによってソーシャルが大きく活かされ、遊びの幅が広がり、厚みも増すだろうと思います。

最近はプログラムするよりも仕組みを考えるほうが好きなので、 こういう機会に何か実績となるものができたら自分をアピールしやすいんですけどね…。



今年はどのくらいの数が集まるんだろう?


カードデザイン部門だけじゃなく、企画部門でもビジネスチャンスを提供して欲しいな。

雇用してくださいw


関連記事

中学二年生が企画したソーシャルゲームがリリース!「新龍紀ギルドファンタジア」 - UEI shi3zの日記
http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20120611/1339404456



↑このページのトップヘ