思うところ、
  1. 数年で築き上げられたあの感触を再現するのは非常に困難
  2. 世界観を引き継げる自信はない(けど、メンバーとトークに見る勝手なイメージを継承することはできそう)
大きくはこの2点が立ちはだかる壁になりそうです。


事ある毎にメンバーとトークを真似てブログ書いてるけど(本家のメンバーとトークはこちら)、あの内容をメンバー(=モバイルウォーズユーザ)が読んだ時に、本家のメンバーとトークに持つ同様のイメージを受けるかどうか?

まぁ、吹き出す画像にムーたちを使ってるから、それで共有される可能性は高いかもしれない。

中の人が変わってもキャラクターを通してある程度許容される。

無論、個々のキャラクターが持つ性格を反映したトーク内容になっていないと乖離する(でも、画像の力で極限までつなぎとめられる可能性は高いカモ)。


他者から見てどうなのか?気になるところデス。



機能を再現することは大して難しいことではなく作るか作らないかなので、作れよ自分って日々思ってマス。

でも最近記憶も薄れてきてるんで機能の取りこぼしもありそう・・。


・・と、大して難しいことでは無いと言いつつ、動線やUI、言葉の一つ一つがモバイルウォーズなので、アルバムがある、コンボがある、フリマがある、カフェがある、、、そしてバトルがあると1つずつ実装していっても、モバイルウォーズにはならない。


それでも夢は見たいですね。



いちメンバーでありながらいちエンジニアでもあったモバイルウォーズ。

どちらの顔であったとしてもファンであることに違いはないので、自分にできること、自分にしかできないことを活かせればいいなぁ。

リスペクトして作る・・ポケットウォーズ!(w


ando80merone80reone80bucho80

みんな、待ってるよ!