日々、月々の家計簿ってのはなかなか続かない(´・ω・`) 

この賃貸に越してきてから先月末で一年が経過したので、収支の把握って意味も込めて掛かった光熱費を計算してみた。

年間で109,950円でした!

寒さの訪れと共に12〜3月にかけて電気、ガスが1.5〜2倍くらいになりますねぇ。

一人暮らしで料理もしないためガス代(都市ガス)低め。



以下、平均額

電気 4319円(143kWh)
ガス 2990円(13m3)#都市ガス
水道 1853円(5m3)#2ヶ月に一度の請求を1ヶ月換算

月間 9163円 

#m3は単位、立法メートル


光熱費は月1万円って感じで電気代が例年より抑えられてる気がする(毎年把握してなかったので感覚で)。

例年、電気代が1万を超える月があったので、昨年最高で7500円ってのには驚き。

よく耳にした暖冬ってことかなぁ。


電力の最大は286(1月)、最小は80(6月)
ガスの最大は28(1月)、最小は5(7月)
水道の最大は15(2月)、最小は7(4月)


まあ、無駄な電気を使わないことは節約にも直結するし、こうして目安を知っておけば何かのサービスで料金比較も検討しやすく、自由化による電気料金値下げとかそのあたりをうまく活用できたらもっと安くなるのかもしれません。


補足

プロパンの熱量の方が都市ガスの2.3倍くらいに相当するので、1m3あたりの単価をその倍率にすればプロパンの使用料金目安になる。

平均しておおよそ2990×2.3=6877円

ただし熱量が2.3倍ってことは燃焼効率の高いプロパンの方が使用量はその倍率分低くなる


都市ガスが13m3だったら5.7m3くらいで済む。


単価が上がっても使用量が減るのでプラスマイナス0になる(いずれも大雑把な考えで)。


適正価格から桁外れて高いプロパン業者を除いては、プロパンの基本料金や単価と使用量の差で考えたら、都市ガスからプロパンに変わると1.5〜2割増し(またはその逆)くらいで考えておけば生計の目安にはなりそう。