Re:

感銘高き名言は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」(トーマス・エジソン)

カテゴリ:趣味・生活 > 書籍

写真 2012-09-28 21 03 50

俺の書き方も結構アレだけど、社内はもっとひどい。

びっくりするよw

もう愕然として開いた口がふさがらないっす。みんなコレ読めって説教したいくらいひどい。


ちょっとの自分ポリシーもないなんて!


もちろんその影響は遅い進捗、超絶バグに還元されています。



写真 12-07-16 2 04 41

昨日買って、早速夜中に読みました。

序編こそ (終わり方が若干あいまいだったところらへんが) 一瞬”ん?”と感じる内容でしたが、収められている7編すべてが良かったと思います!

「黄金工場」とか暗黒童話的な雰囲気で良かったなー。

「鳥とファフロツキーズ現象について」なんかも似た感じの描写や展開が読んでて楽しかったね。


主題でもある「死者のための音楽」も乙一氏らしいミステリーさ、切なさの2面性があって読み終えることができた。


写真 12-07-15 21 07 57

文庫になって登場してからはや半年以上。やっとというか、今頃というか、手に入れた。

丸善に行って検索してみたら在庫1だったので偶然の産物だな。

単行本は持ってないのでコレクションという点では不十分だけど、やっと読めるので良しとする!これから読みますよー。


写真 12-07-15 21 07 32

んで、同じペンネームで今年3月?に出た新書。こっちは単行本。

丸善で在庫ありだったのに探しても無くて店員に聞いたけど無くて←、リアルタイムじゃない糞な在庫管理システムなんてやめちまえ!と言いたい。ジュンク堂でゲットしてきた。

雰囲気からして乙一ワールドに浸れそうな、そんな一冊(なのか?)


写真 12-07-15 21 07 09

これはある意味ついで買いしたに過ぎないが、、、「百瀬、こっちを向いて」に代表される中田永一ペンネームだけあって期待は裏切らない作品じゃないだろうか。

そう思ってこれから読むことにする、そして(・∀・)イイ!!と感想を添えるよう期待。


あたまにはいつも”乙一”の二文字があるので、山白朝子も中田永一も忘れてるんだよね…。

今日だって乙一の並びに一緒にあったから”あ!”と気づいた次第。


季節は真夏に向かっているけれど、読書の季節と自分を騙して読むことにする←


会社でビブリア古書堂を借りて読んだ最近なのだが、ビブリア古書堂は話の展開も設定もあまりメリハリがなく、章を読み終えた感動が弱いと思った。

点と点が最後に線になるにしても、m9っ`Д´) ビシッ!!とした直線を描く乙一氏のそれがオレは好きだ。

もしくはそう感じられる乙一氏の作品がオレには合ってるんだと思う。



DSCN0276



一冊あれば指針となる系。

このとおりにコーディングしろっていうんじゃなくて、本書の極意どおり「読みやすく、保守しやすい」を目標にする。

Javaに限らず、プログラムには共通してることだし。


結構適当にやってきた面も多いので、スピードを重視するあまり保守性のないプログラムを今後に書かないためにも読んでおこうね。

早くとか来週末とか、望まれるものは正直作れない。

計画性があってないようなものだ。

自分をしっかりと管理し、負けないようにしたい(´・ω・`)



多くのプログラマは無謀な上司のさじ加減で潰されるんだぜ?



今日は夕方から二次面接に行ってきた。

二次ってことは可能性が少なくとも0ではない面接だと思うので頑張ったー。

頑張る=一生懸命話した←

この年齢(32)にもなってくるとプログラムはもとよりディレクションとか要求されるんだなぁーって感じを受けた面接だった。

自分としてもプロジェクトをまとめながら、でもプログラマとして第一線で仕事ができることは理想型と思ってるので、そういうキャリアップが社内体制としてありながら自分も意識していける環境だと願ったりかなったり、、、。

正直、未経験に近いものはあるが。


与えられるのではなくて自らつくっていく意識。

それを大切にしたいな、と。


二次まで行けたんだし、あとはひたすら神頼み…。神様!


110604_144539599

今日は朝からアクティブ過ぎた。

天気よくて暑いし、夏は嫌だな…ますます夏っぽくなってる。


本屋に行くのもしばらくぶりで新刊コーナー真っ先にチェックしたらど真ん中に乙一(゚∀゚)キタコレ!!

二ヶ月も前に出版されてた事実を知り消沈。

新作読めるんだから気を取り戻して!ッつーワケで、本日はプログラムは置いといて読書の日。


ところで、VX Revolutionのクリック不調を受けてLogicoolのM570は買ったものの、普段使いにトラックボールは機敏な操作ができずパフォーマンスが悪いので新しいマウスをゲットしてきた。

110604_150130458

m325 \2,980


進む・戻るを多用することを踏まえ、サイドに独立したボタンタイプとスクロールホイールのチルトタイプ択一。

スクロールホイールの種類がグレードによって異なることとフィット感。

あと(ワイヤレスなので)意外と電池寿命を重要視。


サイドに着いてるタイプではM510がクリック感とフィット感で良かった。んで、まぁ、コンパクトなので十分だよね(しっかりとマウスを包むように持たないので)。

使用感はしばらく使ってみてまた別のマウスに買えるか検討します。


とりあえず乙一!

↑このページのトップヘ