Re:

感銘高き名言は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」(トーマス・エジソン)

タグ:ロト6

ロト6の第1042回の結果は「4,10,11,12,18,25,(36)」でした。

なんとなく簡単な集計ロジックで上位の予想数字出してみたら、

[01] number: 27, count: 165, rate: 0.029612
[02] number: 31, count: 157, rate: 0.028177
[03] number: 11, count: 155, rate: 0.027818
[04] number: 23, count: 155, rate: 0.027818
[05] number: 10, count: 151, rate: 0.027100
[06] number: 12, count: 150, rate: 0.026920
[07] number: 18, count: 147, rate: 0.026382

(ロト6はボーナス数字含めて7個の数字が抽選されるので上位7件を)

4と25は含まれていないけど4を買う確率は抽選日付からも高そうだし、概ね低い数字で決着しそうな雰囲気が出てるので、誕生日や年齢の組み合わせ数字で25とか選んでる人もいそう。

#ちなみに自分だと36をマークしますね。残念ながら本数字ではなかった。

出現数がダントツに多い数字はパターン除外とかもアルゴリズム的には弾くこともあるし、27に限っては前回に出現してるから外すことは考えるよね。

加えて前回は20台がボーナス含めて4つも出てて、それらを除外したら25を選択することも容易そう。


今回は、簡単なロジックと人間心理がいい感じにマッチした回だったのではないでしょうか。

結果論ですが、上位等級の当選口数がこれだけ多いと偶然ではない印象です。

まあロジックもアルゴリズムも確固たるものは存在しないんですけどね。

ただ・・・これだけ素直だと2等イケてたかも、残念!w



ロト6の結果&予想アプリも作ろうとか思っててずっと放置してる(´・ω・`)

毎週結果だけDBに溜め込んでる。


 

ロト6について、また考えてた。

雑学な話、何故43個の数字から選ぶのか決まったのかという経緯には、当選金が1億円になるように指針は決まったもののなかなか最終決定せず、予算もないので早く決めないといけない…予算がない…よさん…43。

と言う事らしいです。

検索したら、ヤフーの質問回答にそう書いてありました。

df234e8ca6ac379d6db9efc91f91e57f

(情報操作を行うための大掛かりな抽選機だと思うw)

1 1
2 10
4 100
8 1000
16 10000
32 100000


2 3
4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43


続きを読む

_IGP4056

というわけで、一つ前のエントリーで予想した数字を買ってきました。

+1の予想数字が一番下。

5_1268735251248

20が最小の結果が出てないことはないんです。


結構ピンチを迎えてる今こそ、、、神頼み。

おお神よ!

2010年3月11日まで過去に487回の抽選が行われてきたロト6ですが、高額当選の経験はゼロ。

たまには統計から数字を選んで買ってみようと思います。


さて、高額当選といったらいくらですか?


数千万とかじゃなく、やはり数億円ですよね。

当選金額の理論値は1億円ですが、法定当選金の上限2億円、キャリーオーバー時の4億円が目標です。


過去の抽選回数のうち、それら条件とした回数は実に198回あります。(2億円以上、および1等が出なかった回をキャリーオーバーとして算出)

全体の約40%。

2億円以上のチャンスはあることはあるんです。


さて、数字を選びましょう。


とりあえず起点となる数字を決め、その数字が含まれた回の他の数字の出現総数の多い順にチョイスしてみます。

その起点となる数字選びがまず問題なワケですが・・・。


過去、前回の頭の数字がでた次回の数字から選んでみます。(小さい数字から昇順に並べてある点は考慮しない)

第487回
2 6 8 19 22 34 30

2が頭だった回の次の回、頭に出た数字は

数字 回数
1 9
2 9
4 7
7 5
11 4
10 3
(以下略)

一桁が統計として多いです。


素直に選んでもいいのですが、もう一つ判断材料に1個目の数字別出現総数を加味。

と。

数字 回数
1 64
3 54
2 53
4 44
6 35
7 33
5 33
8 29
10 26
11 23
9 18
12 14
14 12
17 10

やはり小さい数字が多いという結果。

いくら確率といえど、これまでの結果で十分偏りがあり、確率は同じ!といえる日が来ることは非現実的です。

また、1を選んだ際の高額配当となった回が一番多いのも結果から明らかです。


素直に1を起点として買う、これが合理的買い方。


複数口買える資金力、買うギャンブル性の方は、4・7・10あたりが起点としてオススメです。


最後に、それら起点と同時出現回数が多い上位5個の数字を書いておきます。

数字:回数
1
36:7
40:7
37:7
16:7
39:6

4
37:5
17:5
36:5
1 :5
31:5

7
5 :6
38:5
20:5
33:5
16:4

10
13:7
8 :6
25:6
41:5
32:5


予想(あたま2個の数字で抽出した過去の結果を添付)
1 16 36 37 39 40
5_1268663303681

1 4 17 31 36 37
5_1268663333396

5 7 16 20 33 38
5_1268663358136

8 10 13 25 32 41
5_1268663384532


第488回はこの4口+1で攻めます!

※ボーナス数字は参考外です。
※なお、配当が減ってしまうので買わないでください、お願いします。かわねーよっ!て人はそれでOKです。感謝します。

↑このページのトップヘ