Re:

感銘高き名言は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」(トーマス・エジソン)

タグ:MySQL

期限切れちゃったなー、開けるけど編集も保存もできねーなーとか近頃思ってたところなんですが、なんと!使えるワザを発見。

どう期限切れ制限されてるのかわからないけど、他にも抜けられるワザがありそう。


発端は「A5:SQL Mk-2」でSQLからテーブル定義書(エクセル)を出力しよーと思ったことによる。


いちいち手作業でファイル書いてたら死んじゃいますよ。

なので、数多いテーブル定義書を作成するときは非常に重宝するアプリケーションですが、自宅で使うことはまず稀だし、仕事でも今まであまりテーブル定義書を残すよーなことをしてこなかったので…しばらくぶりに触って気づいた!訳です(正規パッケージでインストールされてたし)。


通常起動すれば当然期限切れによる使用不可のExcel2010も、何故かA5:SQL Mk-2経由で(テーブル定義書作成により)起動されると通常使用できてしまう。


アンビリーバボー!!!

ゲイシャ!フジヤーマー!!サムライ、ファンタスティック!!!


サーセン…。

まぁ、めんどくさいカモしれない。


ここで言いたいことはあくまで、使えないはずのものが使えてしまったんだよ!という、ちょっとした報告です。


買えばいいじゃない。

cすればいいじゃない。


MySQL WorkbenchとA5:SQL Mk-2があればボク(多重人格のうちのひとり)は幸せです。


P.S.
関係ないけど、ライブドアブログの管理画面トップがリニューアルされて分かりやすくなったよ。

users(メモ:あ、passwordが抜けてる

5_1268577132078

user_data

5_1268576958602

バカですみません。


例えば可変長なデータに対応しようと思ったとき、おそらくこんな正規化の手続きを踏むと思うんです。

というか、これくらいなら固定長で定義し、増えたら増えたでカラム追加?

データ量とか、処理内容によって適切な選択肢があるとは思うのですが…。

この場合、goldは頻繁に更新される可能性があるのと、正規化したらuser_dataじゃないのか…あー。


いずれにしても、これだとオーバーヘッド過ぎるとは思っているんですけど、ねぇ。


なんせバカなもので、どう選択していいかワカンナイ!


自分に向いてる仕事って何なんだ?

MODxのバージョンを1.0.1Jにしようと作業したところ、MySQLが4.0.25なんてバージョンのサーバだったのでエラーが起こった。

ちなみに、バージョンアップの方法は

/assets
/install
/manager

を丸々上書きアップして、/installにアクセスしてインストールすればよい。


で問題は、アップグレードインストールでチャンク、モジュール、プラグイン、スニペットいずれかにチェックが入っているとSQLのSyntaxエラーっす。

解消方法は

/install/instprocessor.php

このソースで

SELECT (CASE COUNT(*) WHEN 0 THEN 0 ELSE `id` END) `id` FROM $dbase.`" . $table_prefix . "categories` WHERE `category` = '$category'

ってサブクエリ箇所をエスケープしてやれば正常に処理されるよーになる。

'mysql_real_escape_string(上のクエリ)'


ところで、ウェブユーザでサイトからtinyMCEで画像を挿入できないんだよなぁ。ファイルブラウザは立ち上がるんだが、画像をクリックしてもフォームに適用されない(何も起こらない)。

それに、リンクでアンカーも空。

ローカルでのアップグレードテストは問題ないし、サーバのPHPバージョンとか関係してる?でも、JavaScriptだよね、これ。

/managerのインターフェース設定でデザイン変更効かないし、やっぱり何かがおかしいんだろーな・・・。


課題山積み。


そんなんで、できれば concrete5 をプッシュしていきたい。

こっちの方がよさげジャン?

↑このページのトップヘ